blog

2019/09/12 20:34


山梨県は小淵沢町の森の中のおもちゃ屋さん「おもちゃ箱イカロス」です


今日は世にも珍しい「かいぶんかるた」をご紹介します!





かいぶん?怪文かるた…?なんだか怪しげな雰囲気すら漂っている(?)かもしれませんが


この、かいぶん、は「回文」と書きます。回文とは上から読んでも、下から読んでも

同じ文章になる文字列のことを指します。その回文を50音全てで作り出してしまい、

カルタにしてしまった、何ともユニークな商品です。



「た」の札は誰かが草むらから頭を出していますね。その様子を見て、きっとあなたはこう言うでしょう。


「たぶん、ぶた」


上から読んでも下から読んでも、たぶんぶた、見事な回文になっています。

カルタの読み札、絵札は一枚一枚丁寧に消しゴムハンコを押して作られています。思わずプッ、と吹き出してしまったり、何度か読み直してみて、なるほどと思ったり…カルタ遊びはもちろん、眺めているだけでも楽しくなりますね。素朴で温かみある絵札と回文の組み合わせが秀逸で、作者の感性の豊かさに感心してしまいます。


すべてひらがなで書かれているので、言葉や絵の意味が分からない小さな子どもたちでも大人と一緒に楽しめます。思わず手に取り、欲しくなってしまう、手間暇かかった作品です。



では最後にみなさんに回文クイズ!



4枚の絵札の回文を考えてみてください。なるほどぉ、となるものもあれば、そんなのあり?!となってしまう絵札も。

答えはおもちゃ箱イカロスのネットショップより!→おもちゃ箱イカロス ネットショップ