blog

2018/10/24 19:23


みなさんこんにちは。イカロスの息子です。
本日から3回の連載で、完成度の高い個性派ボードゲームを作られているDig A Doo社の商品を紹介していこうと思います。
まずどんなゲームなのかというと

左から
・3Dシルエットゲーム「キャスリング」
・ひらがなとカタカナの陣取り合戦「かなカナ」
・15(いちご)を作る計算ゲーム「いちごカレンダー」


おそらく多くの方が見たことのないゲームではないでしょうか。
それもそのはず、この3商品を取り扱っているのは

・おもちゃ箱イカロス(店舗・通販)
・東急ハンズの一部店舗

のみだからです。まだまだ知名度は低いゲームですが、それぞれのゲームが非常に高い完成度で「かなカナ」は2018年グットデザイン賞を受賞されました。ゲーム性は去ることながら、見た目も美しいデザインのゲームたちです。


初回の本日は、多くのゲームファンを唸らせている3Dシルエットゲーム「キャスリング」をご紹介します。

杉の木のブロックを移動させて、手持ちのカードと同じシルエットを完成させていくゲームです。



この積み方からゲームが始まります。
各プレイヤーは3枚ずつのシルエットカードを配られます。ダイスを振り、出目の数(1つまた2つ)分のブロックを移動させてシルエットを完成させます。完成したカードは捨てることができます。いち早く3枚のカードを消化した人の勝利となります。


例えばこんな感じですね。実際にブロックを動かしてみましょう。



ダイスを振ると2の目が出たので、ブロックを2つ移動させることができます。

すると早速一番右のカードのシルエットが出来上がりました。
えっ、一つブロックが出っ張っているから違うだろって?

確かに横から見たときはそうですね。

ここで視点を変えて、シルエットを探してみましょう。


そう、上から見下ろしてみてください。





ねっ、出来上がっているでしょう?つまりこのゲームの肝は、

「どの角度から見てもOK」


ということです。自分の席からの視点だけでなく、右隣の人、反対側の人、真上からといろんな視点から
検証してシルエットを完成させていくゲームです。みなさん思わず立ち上がって、あらゆる角度からブロックに
熱い視線を注いでしまいます。


さらにもう一点、このゲームの面白さは他の人の手番も気を抜けないということです。例えば次の局面、



今は右側の人の番で、ブロックを移動させ終わりました。手前があなたのカードと考えてください。
実はこのゲーム、他の人の手番の最中も自分のシルエットが出来上がればカードを捨てられるのです。
一見気づきませんが、また視点を真上に切り替えてみると、



できあがっていました。
これに気付ければ、他の人の番でもカードを消化でき、優位に立つことができます。

ゲームに慣れてきたら、自分のシルエットを完成されることはもちろん、
うっかり相手のシルエットを作らないようにするということも頭に入れておかなければなりません。


さぁ、広い視野を持って、相手のカードにも気を付けながら遊びましょう!


ゲーム「キャスリング」おもちゃ箱イカロスの小淵沢店・ネットショップで好評発売中です!
通販でのご購入はこちらから→おもちゃ箱イカロスネットショップ


いかがでしたでしょうか。今日のボードゲームはTRPGや連想系・会話ゲームなどが流行の先端ですが、
Dig A Dooさんの一味違うゲームの魅力を感じて頂けたでしょうか。

次回は思わず考え込んでしまう、15(いちご)を作る計算ゲーム「いちごカレンダー」を紹介予定です。
乞うご期待!

それではまた(^^)/~~~